重力の光

2019年/日本/100分
◎監督:石原海◎撮影監督:八木咲◎撮影補助:杉野晃一◎美術:中村哲太郎、前田巴那子◎音楽:荒井優作◎録音・整音:川上拓也◎照明:島村佳孝、伊地知輝◎メイク:宇良あやの、竹中優蘭◎衣装:塚野達大

◎出演:菊川清志、西原宣幸、村上かんな、下別部為治、奥田伴子、川内雅代、藤田信子、石橋福音、奥田知志

公式HP→https://gravity-and-radiance.com/

 

困窮者支援をしているNPO法人抱樸の奥田知志が牧師を務める福岡県北九州にあるキリスト教会には、様々なバックグラウンドの人々が集まっている。本作では、元ホームレスの人たちや、極道だった人、虐待を受けていた人、生きる意味に悩む人、NPOで働く人、教会で働く夫婦などを含む9人の教会に集う人々を描いた。

『重力の光:祈りの記録篇』は、傷ついた愛すべき罪人である9人が演じる、イエス・キリストの十字架と復活を描いた受難劇と、その練習風景や日常、インタビューなどを交差させた挑戦的なドキュメンタリー映画である。

 

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1800円、シニア1200円、会員・学生1100円
※シネ・ヌーヴォXでの上映は一般料金1700円になります
オンラインチケットはこちら