日高線と生きる

 
2021年/日本/82分
◎監督:稲塚秀孝

日高線廃線の、その先に“希望の未来”を見つめて

北海道、日高。太平洋岸に沿って走る日高線は全長150km、100年の歴史を紡いだ。2015年1月、高波被害その後の台風により線路が寸断され、復旧されぬまま2021年4月から廃線となった。1987年国鉄分割民営化から35年。日本全国の鉄路は、公共交通の役割を破棄され“廃線ラッシュ”となっている。“JRの呪縛”が解かれた今、地域に住む人々の力で、鉄路活用を目指す日高市に暮らす人々の生活を追う。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1800円、学生・シニア1100円、会員1000円
※シネ・ヌーヴォXでの上映は一般料金1700円になります
オンラインチケットはこちら