初仕事

2020年/日本/94分
◎監督・脚本・絵コンテ・編集:小山駿助◎撮影:高階匠◎照明:迫田遼亮◎録音:澤田栄一◎メイク:細山萌子◎衣装:細山貴之◎美術:田幸翔◎音楽:中村太紀
◎出演:澤田栄一、小山駿助、橋口勇輝、武田知久、白石花子、竹田邦彦、細山萌子、中村安那

公式HP→https://www.hatsu-shigoto.com/

遺体の撮影を依頼された若いカメラマンと依頼主の男性の奇妙な交流を描いた人間ドラマ。

写真機が発明された時代、遺体を写すという行為が世界各地で発生したという歴史的事実に監督・小山駿助が知り企画が始まる。
人づてに赤ん坊の遺体の撮影を依頼された写真館のアシスタント山下は、有益な教訓になるかもしれないとその依頼を受けることにした。赤ん坊の父親で、依頼人の安斎は、若い山下に最初は当惑するが、山下の率直な姿勢を信用し、撮影は始まった。遺体の状態を考慮すると撮影にそれほど時間がかけられないという状況は、山下つき動かした。死を美化するべきでないという道徳心も目の前の事態に思いが断ち切られる。一方、安斎は子供の遺体を撮影したい思いは、子供の死を受け入れられない自身の未練だったのではと気づき、山下の撮影を中断しようとする。

出演は、日本映画として46年ぶりのカンヌ国際映画祭短編部門出品作となった『ふたののウーテル』主演の澤田栄一。話題となった短編映画『viwers:1』主演、ブルドッキングヘッドロックの橋口勇輝、文学座の武田知久、劇団晴天の白石花子。 監督の小山駿助が安斎役を演じた。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1700円、シニア1200円、会員・学生1100円
オンラインチケットはこちら