カム・アンド・ゴー

2020年/日本・マレーシア合作/158分
◎監督・脚本・プロデューサー:リム・カーワイ◎撮影:古屋幸一◎録音:松野泉◎美術:藤原達昭◎音楽:渡邊崇
◎出演:リー・カーション、リエン・ ビン・ファット、J・C・チー、モウサム・グルン、ナン・トレイシー 、ゴウジー、イ・グァンス、デイヴィッド・シウ、千原せいじ、渡辺真起子 、兎丸愛美  、桂雀々、尚玄、望月オーソン、天人純

公式HP→https://www.reallylikefilms.com/comeandgo

神出鬼没のリム・カーワイの最新作!

大阪を中心に活動しながらアジアやヨーロッパなど世界各国を舞台に映画を撮影している中華系マレーシア人のリム・カーワイ監督が、「新世界の夜明け」「恋するミナミ」に続いて大阪を舞台に描いた群像劇。通称「キタ」と呼ばれる大阪の繁華街で生きるアジア人たちの人生を描く。春のある日、大阪のキタにある古びたアパートの一室で白骨化した老女の死体が発見された。警察は捜査を開始し、アパート周辺で聞き込みを続けるが、孤独死なのか、あるいは財産がらみの謀殺なのか、さまざまな噂が飛び交っていた。同じころ、中国・台湾・韓国の観光客、マレーシアのビジネスマン、ネパールの難民、ミャンマー人留学生、ベトナム人技能実習生など、キタにやってきた外国人たちと、彼らと日常を共有する日本人たちの間に、さまざまな出来事が起こっている。やがて事件の捜査が終わるとき、人びとは新たな人生の岐路を迎える。ツァイ・ミンリャン作品の常連として知られる台湾のリー・カンション、ベトナム映画「ソン・ランの響き」のリエン・ビン・ファットのほか、アジア各国のキャストが参加し、日本からは千原せいじ、渡辺真起子、兎丸愛美、尚玄らが出演。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

★リム・カーワイ監督舞台あいさつ随時

 

〈鑑賞料金〉

一般1800円、学生・シニア1100円、会員1000円
※シネ・ヌーヴォXでの上映は一般料金1700円になります
オンラインチケットはこちら