八重子のハミング

2016年/日本/112分
◎監督:佐々部清 ◎脚本:佐々部清◎原作:陽信孝◎撮影:早坂伸◎照明:田島慎 ◎録音:臼井勝◎美術:若松孝市◎音楽:穴見めぐみ
◎出演:升毅、高橋洋子、梅沢富美男、文音、中村優一、二宮慶多、安倍萌生、辻伊吹、朝加真由美、月影瞳、井上順

公式HP→http://yaeko-humming.jp

4度のがん手術から生還した夫がアルツハイマーの 妻に贈るラブレターとは

山口県萩市を舞台に、四度のガン手術を乗り越え妻を約12年間介護した陽信孝の手記を「半落ち」の佐々部清監督が映画化。八重子が若年性アルツハイマーであることが判明。闘病を続ける夫の誠吾は、近寄る死の影を見据えつつ、病が進行する妻を支え共に歩む。「群青色の、とおり道」でも佐々部監督と組んだ升毅と「パイレーツによろしく」以来28年ぶりの映画出演となる高橋洋子が、夫婦の強い絆を表す。

上映スケジュールはこちらをご覧下さい

 

<鑑賞料金>
一般・学生1200円、シニア1100円、会員1000円