空の瞳とカタツムリ

2018年/日本/120分
◎監督:斎藤久志 ◎脚本:荒井美早◎企画:荒井晴彦◎タイトル:相米慎二◎撮影:石井勲◎照明:大坂章夫◎録音:島津未来介◎美術:福澤裕二◎音楽:阿藤芳史助◎出演:縄田かのん、中神円、三浦貴大、藤原隆介、内田春菊、柄本明

公式HP→http://www.sorahito.net

青春のおわり、人生のはじまり。

雌雄同体のカタツムリは交尾の際に鋭い矢「 恋矢 れんし(Love dart)」を互いに突き刺しあう。この矢は交尾相手の生殖能力を低下させ、寿命すらもすり減らす。本作のタイトル『空の瞳とカタツムリ』は、故・相米慎二監督の遺作『風花』のタイトル変更案として最終候補まで残ったもの。監督は、相米監督の弟子筋であり『サンデイ ドライブ』『フレンチドレッシング』『なにもこわいことはない』など脚本・監督と二足の草鞋で活躍する斎藤久志。脚本を務めたのはテレビドラマ『深夜食堂』シリーズで脚本家デビューを果たし、本作が初のオリジナル映画脚本の荒井美早。求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人。触ろうとすればするりと逃げる儚い青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだす、新しい愛の物語。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1800円、シニア1100円、会員・学生1000円