トゥレップ「怪獣の子供」を探して

2019年/日本/85分予定
◎監督・構成:山岡信貴◎制作:STUDIO4℃◎出演:森崎ウィン、五十嵐大介、二木あい、中沢新一、長沼毅
、佐治晴夫、名越康文

これは現実か?フィクションか?STUDIO4℃初のドキュメンタリー映画が誕生!

ある男が、6本のビデオテープを残して姿を消した。それぞれ「海獣」「海」「生命」「神話」「対話」「宇宙」というタイトルがつけられたテープには、各タイトルに沿った専門家のインタビュー映像と、行方不明になった男のボイスメモ、そして21世紀の日本の街の風景が収録されており、その内容から「人類が海中で生きる可能性」が浮かび上がってくる。映像の解析により、男はミクロネシアに向かったことが判明。現地へと飛んだ取材班は、そこでタイトルのない7番目のテープを発見する。その中には、男の最後の姿が映されていた。「海獣の子供」でアングラード役の声優を務める森崎ウィンが行方不明の男を演じ、彼の行方をめぐるフィクションと、現実の科学者や専門家へのインタビュー映像を交えながら描き出す。

〈上映スケジュール〉

◆上映スケジュールはこちらをご覧ください

 

〈鑑賞料金〉

一般1700円、学生・シニア1100円、会員1000円